『雪の階』奥泉光

久しぶりに本のことを。

 

『シューマンの指』というピアノ&ミステリを読んで

あ、私は音楽絡みの作品が好きなんだ!と初めて気がついた。

 

自分は音符も読めないしピアノだって弾けない。

だけど読むのはすごく好き。

テンションがぐぐーっと上がるのだ。

 

奥泉光作品。

 

山形県出身。

美文。

巧み。

薀蓄が小難しいけど面白い。

音楽絡み。

 

ということで、すごく分厚いけど

『雪の階』を予約して今読んでいます。

 

全然知らなかったけど〈華族もの〉

「お姫さん(おひぃさん)」の世界で萌え…。

そういえば…『シューマンの指』は少しBLくさかったんだよね。

 

 

 

舞台は昭和10年初め。

主人公の惟佐子(いさこ)は笹宮家の令嬢なんだけど

リケジョで囲碁も強い。

あまり自己主張しない主人公。

 

面白いので一日100ページの勢いで読んでいるけど

読んでいてキャラが何かに似ている…って思ったのね、

何だっけ…って考えてみたら

『ねじまき鳥クロニクル』に登場する主人公と「ワタヤノボル」が

『雪の階』では、笹宮惟重と白雉博允の関係に近いように思えて、

ひとりでテンションが上がっていたりします。

 

 

「きざはし」ってなんの階なんだろうなぁ…と思う。

あとは謎と殺人事件と歴史的事件と、どう絡んでいくのか

気になって、ついつい夜更かししがちに…。

 

あまりくわしくないけど

『ねじまき鳥〜』も、奥泉光も共通しているのが

夏目漱石なんだよね…。

 

私は『ねじまき鳥〜』を読んでいて

具合が悪くなってしまったので

そろそろ続きを読んでみようかな…と思い始めている。

 

残虐なシーンは平気だったけど

井戸の中に閉じ込められるとか

井戸の中で過去に向かっていくシーンの

閉塞感で気持ち悪くなってしまって…

(閉所パニック…)

こんなん読んでられっかー!!と思ってしまった(汗)

 

落ち着いてきているので

そのうち続きを読んでみたいと思っている。

 

今年は尻込みせずに

長編をごんごん読んでいきたいと思っています。

いま読書の壁になっているのは「字の大きさ」

どんなに面白いよ!と薦められても

字が細かいと

「……………」となって本を閉じて本棚に無言で戻す

ということになってしまいます。

 

読書したいという気持ちと体の機能とが

うまく釣り合いがとれないというのは

悲しいことだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

評価:
奥泉 光
中央公論新社
¥ 2,592
(2018-02-07)
コメント:いま読んでいるけど面白い。


『ギヴン』アニメ化おめでとう

昨夜ツイッタ―をながめて

叫びそうになってしまった。

 

大好きな『ギヴン』が

アニメ化。

しかもノイタミナで!

 

もうすぐコミックの5巻も発売されるし

うきうきしてしまう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今月のcheri+(2019年3月号)

今月号のギヴンは code.EX_1 ということで

〈EX→前夫、前妻、昔の恋人〉の〈昔の恋人〉…

…で〈元カノ〉ということなのかな???

よくわからない…けど。どうなんでしょ?

 

 

 

 

あ、

ここから先はBLの話になります。

今号も読む時間がなかったのでギヴン以外は見ていません。

なのでギヴンのことだけ書きます。

=ネタバレ&個人的な感想です=

 

 

 

 


お助け本棚・ダイソー

 

『夢みる葦笛』 祝・文庫化

 

20181229_2215390.jpg

 

『きみのためのバラ』は

プレゼント用に買いました。

 

 

あと本棚をスッキリさせたいので

噂の「お助け本棚」をお試しで二つ購入。

 

 

大掃除はしないくせに

本棚の整理はベツモノという…

そして最終的に読みふけってしまう今年も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今月のcheri+(2019年1月号)

いやぁ…まいった。

タイトルの絵の雑踏の中に

秋彦・春樹・雨月が佇んでいるという…

何とも言えない、この描写…。

 

そして

まさか、あーいう展開でくるとは

予想外で、4巻から前回と今回を何度も何度も

読んで涙、涙…でした。

 

 

 

あ、

ここから先はBLの話になります。

今号も読む時間がなかったのでギヴン以外は見ていません。

なのでギヴンのことだけ書きます。

=ネタバレ&個人的な感想です=

 

 

 

 

 

 

 


本の交換会

先週、本の交換会に参加しました。

去年は参加できなかったので、

今年はうきうきしながら行きました。

 

私が寄付した本は20冊。

見たらほぼなくなっていて、どなたかが

持ち帰ってくれたみたいで、ホッとしました。

これは、きっと人気があるだろうと思っていた

本が、残っていてびっくり…。

『余命10年』とか『妖草師』

木原音瀬とか…(←BLじゃない方の本ね。汗)

 

年齢層がけっこう上の方ばかりだったので

まじめな本ばかりお持ち帰りされていたよう。

『納棺夫日記』とか、南木佳士とか『春琴抄』

『精神病棟の二十年―付・分裂病の治癒史』

『こっちへお入り』、『症例A』…などなど。

 

 

私がいただいてきた本は全部で10冊。

迷った本は選ばないで厳選しました。

短歌の本2冊と『空の名前』、

倉橋由美子の『聖少女』(すごい古い本!)など。

 

20181020_2183691.jpg

 

文庫は6冊。

宮部みゆきの『ICO』を、何となく選んできたんだけど

むっちゃ面白くて、いま夢中になって読んでます。

ゲームは難しくて大変だったけど、物語にすると

こんなに面白いのね。。。

宮部さん、すごいよー。

ファンタジーって、やっぱりいいなぁ…と

しみじみと思います。癒される。

 

 

また来年も参加したいです゚(^^)

実は…

献本を読むのがつらくって…息抜きしているという…。

がんばって読まないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


献本届きましたー。

外出する時にカバンの中に本がないと

不安になってしまう癖がある。

昨日外出した時は、わざと本を持たないで

出かけたんだけど、バス電車の待ち時間や

それぞれの移動時間が長くって…

本屋で本を買おうかな…と思いました。

我慢してうちに着いたら、本が届いていた。

けど、はて?何の本だっけ…??と忘れていました。

 

 

この本でした。

 

20181007_2177295.jpg

 

 

 

久しぶりに献本応募しました。

難しい…。

けど、ついつい読んでしまう。

 

私なんでこれ応募しちゃったかな…

(まさか当たると思わなかった…)

と、思いながら読んでいます。

 

感想書けるかな…。

自信がないかも。

 

 

 

まぁ…

私自身が遺伝の病気持ちなので

家族歴とか、成育歴とかに興味があったんだよね…。

 

両親が離婚して、父が自殺し

父方のルーツは、もうよくわからない。

 

母方の祖母が高齢で亡くなり、祖父は施設にいるので

大まかにわかる範囲で、3〜4世代前くらい。

そこから先は謎が多い。

 

同じように、オットの方も大半が亡くなっているので

大まかなルーツしかわからない。

 

祖父母、義祖母が健全なうちに、もっと話を

聞いておけばよかった…と、最近とても思うんです。

それを伝えるまでもいかなくとも、自分で知っておきたかった…

と、思うのは、きっと私が歳を取ってきたという証拠のような

気がするんだけどね。

 

 

きっとそういう理由で応募したんだろうな。。。

なんとなく思い出してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今月のcheri+(2018年11月号)

 

台風のコースが変なせいで、猛烈に暑くなって

今度は寒くなって、気温差が激しすぎて…

鼻のどがつらいです。

 

 

あ、

ここから先はBLの話になります。

今号は読む時間がなかったのでギヴン以外は見ていません。

なのでギヴンのことだけ書きます。

=ネタバレ&個人的な感想です=

 

 


キュンタしおり

池澤さんの文庫を買った。

『砂浜に坐り込んだ船』

解説が堀江敏幸さん…という

私にとっては、黄金コンビ。

 

キュンタのしおりが二種類しかなくて

迷った挙句、緑にしたけど

赤の浮き輪にすればよかった…と

今頃思ったりして。。。

 

180823_002038.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今月のcheri+(2018年9月号)

お盆が来るので今月号は回し読みをしないで

各自で購入することに。

CDも付いてくるのでそういうことになりました。

 

 

あ、BLの話になります。

ギヴンのことだけ一人ずつ書きます。

=ネタバレ&個人的な感想です=

 


 

続きを読む >>

<< | 2/21PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ブクログ本棚

読書メーター♪

まきまきさんの読書メーター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode