BOΦWYの曲で「好きな曲・知ってる曲・嫌いな曲」なんかある?

2017.12.26 Tuesday 00:33
1

BOΦWYの曲で「好きな曲・知ってる曲・嫌いな曲」なんかある?
 

 

BUCK-TICKと並んで青春の1ページと言わず

青春の3ページくらい占めているような気がする。

歌詞が大人すぎて意味も分からず歌っていたり

カッコつけて

アスピリンを噛んだら、超にがかった〜、とか

街角には立たなかったけどコロンをたたいてみたり。

 

解散って聞いた時、普段強面なヤンキーな先輩たちが

声を上げて、泣いてるよぉぉぉぉぉ〜ってビビったり

とにかく思い出が多すぎる。

 

 

 

好きな曲…ありすぎるけど

あえて挙げるなら…

 

ハイウェイに乗る前に

ホンキー・トンキー・クレイジー

WORKING MAN

CLOUDY HEART

NO.NEW YORK

Dreamin'

MEMORY

 

で、抒情的な

MEMORYがいちばん好きかも。

甲乙つけがたいですね。

 

すんごいバンドブームで楽しかったな。

なつかしいわ。

 

 

 

苦手ソングは…

 

ONLY YOU

DANCE CRAZE

 

とか、案外多い。

(もう忘れたけど・笑)

テープを早送りする曲はいつも決まっていた。

 

テープなんてアナログで懐かしいなぁ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

category:BUCK-TICK・音楽 | by:まっきーcomments(0) | -

遠くの親戚より近くの他人

2017.12.25 Monday 00:39
0

    今日はやっとゆっくり出来る〜〜〜!と

    のんびりしていたら15時頃におばから電話が。。。

    え…何…、と

    とまどいながらも電話に出ると

    「集中治療室を出て一般病棟に移った」

    (この時点でちょっと予感が…)

    と言うので、「回復順調ですね」と答えた。

     

    だけど

    ここからが本題で

     

    子供たちがそれぞれ帰ってしまってからの

    病室移動で、今まで集中治療室にいたから

    お金や小銭がないから、自宅に行って

    財布と着替え持ってきてくれないかな…

     

    と申しわけなそうに言うのでした。

     

     

    ええー。。。orz orz orz orz orz そんな…(T_T)

    マジですか…。

    クラクラ。。。

     

     

    けどね、行きましたよ。

    うちと、おば宅と、病院は近いので

    おば宅に行っておじから

    荷物とお財布を受け取って病院へ。

    自転車で。

     

     

    おば宅は80代後半の老老介護で

    (しかも介護サービス何も利用していない)

    おじも脳疾患で倒れて麻痺が残っているし

    子供たちはもう帰ったって言うし…

    放っておけないので行きました。

    気分は「雨ニモマケズ」でした(笑)

     

     

    退院情報も聞いて来てと言われたので

    聞いて伝えましたが

    おじ、おば、子供が言っていることが

    全部違って…(……微苦笑……な私でした)

     

     

     

    うちもね、おばば様が大変だった時、助けてくれる人が

    いなかったので大変さがわかるので。

    年末年始に子供たちが戻ってくるらしいけど

    「何かあったらいつでも電話ください」って

    つい言ってしまった。

     

     

    遠くの親戚より近くの他人って

    まさにこのことですね。

     

     

     

    お弁当を宅配サービスを利用するみたいだけど

    介護サービスも使ってケアマネさんも決めておかないと

    後々大変だよ。

    と思うんだけど、もう数回言ったし使う気がなさそう

    だから言わないけど、決めておいた方がいい。

    うちみたいに、大ごとになってからだと

    看る方もしんどいから。

    老老介護問題は先延ばしして

    なめたらあかん。

     

    けど、こういうのって周囲よりも本人とその子供の

    問題なので、他人や周囲から色々口を挟まれたくない

    気持ちも知っているので静観してます。

    またうちに連絡来るかも…と思いつつ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:日々の出来事 | by:まっきーcomments(0) | -

    脳梗塞

    2017.12.24 Sunday 11:51
    0

      おばの容態ですが

      心臓系の不整脈とかで出来た血栓が

      脳の太めの血管につまった脳梗塞だったのですが

      発見が早かったので48時間以内に投与すると

      血栓がとけやすい薬があって、その薬が

      よく効いて、つまっていた血栓が溶けて

      無事に血流が元に戻ったそうで

      お正月は自宅に戻られるかもしれないようです。

      ほんとホッとしました。

      まだ油断はできないけどピンピンしていました。

       

       

       

      うちで倒れた時

      おばの表情がおばば様にそっくり過ぎて

      正直言うとこわかったんです。。。

       

      私は「あー、おばば様来たな…」と思いました。

      まぁ、おばば様の子供だから似ているのは

      当たり前なんだけどね。

       

      せん妄になって下唇を突きだして

      「おまえおれの財布ぬすんだろおー」とか

      怒っている時の顔のおばば様に

      そっくり、そっくりな、おばでした。

       

      ふだんの顔から顔芸みたいな顔にゆっくりなって

      その一連の流れをスローモーションで見ていたので

      何とも言えない不思議な体験をしたように感じます。

      (こういう時って本当に摩訶不思議)

       

       

       

      うちは田舎なので

      死んだ人が出た後は引っ張られないように

      気をつけろって言われているのですが

      おばば様は、超が100個以上 付くくらいの

      寂しがり屋さんなので

      気を引き締めて静かに年末年始を送ろうと

      思ってます。

       

       

       

      私も時々心臓がドキドキするので

      (前は精神的なものって言われたけど)

      不整脈とか調べてもらおうかな…と思ったりしている。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      category:日々の出来事 | by:まっきーcomments(0) | -

      サロメ

      2017.12.23 Saturday 17:31
      1

      Babelの次はサロメですか。。。

      (すご過ぎて何も言えない…)

      ライブでは迫力満点そう。

       

      攻めてる感じがすごいBUCK-TICK。

      しかも歌詞あっちゃんで、ヒデ曲。

      病んでそう…。

       

      そして、つよこわそう。

       

      けどすっごく楽しみ♪

      『サロメ』読み返そう。

       

      三日月?の上に

      5人のヨカナーンですかね…。

      サロメは一体誰にくちづけするんでしょうか。

       

       

      すごいわ。ほんと。

      どこまで突き進んで行くんじゃーぃBUCK-TICK!!

      って言いたい。

      センスが神風しておる。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      category:BUCK-TICK・音楽 | by:まっきーcomments(0) | -

      救急車

      2017.12.22 Friday 00:45
      0

        この10日間くらいは激流すぎて

        ここ数年?数十年?の単位で

        稀な日々だったと思います。

         

         

        今日うちに来たおばが

        私の目の前で倒れて

        救急車に乗って入院の手続きをしてきました。

        子供たちはみな他県に住んでいるので

        (顔も知らないし会ったこともないし)

        私とオットが全部やりました。

         

         

        うちに着いて

        最初は普通の口調だったのが

        徐々に呂律が回らなくなって

        「ん?変だぞ…」と感じるまで

        わずか数分。

        ギャグを言ってふざけるようなキャラでも歳でもないので

        これは真剣に危ないかも…と

        本能が警告したので

         

         

        迷いましたが速攻で110番してました(笑)

        「はい。警察です。救急車ですか?」

        「具合の悪い方がいるのですね。落ち着いて

        119番です。ゆっくりと深呼吸して下さい。」

        と、対応してくれた電話先の警察官さん?に

        感謝します。

         

         

         

        おばは脳の血管がつまっていて入院です。

        手術なのかカテーテルなのか

        まだ未定ですが

        「超がつく程の早期発見です」と

        救急の先生にほめられました。

         

         

         

        4年も介護していると

        人の表情や口調、しぐさの異変に

        とても鋭くなります。

        敏感になるというか。

         

         

         

        で、考える前に体が勝手に動いてました。

        これで救急車に乗るのは4回目くらい。

        靴を持っていかないと裸足で帰されるので

        おばの履物も全部持って行きました。

         

         

         

        連絡取れる人を総動員して

        何とか遠方のお子さんたちにも連絡がついて

        ホッとしましたが、ドッと疲れました。

         

        人生何があるかわからないですね。

        人が亡くなって悲しいことが起こると

        続くから気をつけようね、と

        葬儀の時にみんなで話していたばかりなのに。

        本当にびっくりでした。

        何よりも手が震えて119番してもいいものか

        迷いが深かった。

        救急車を呼ぶ時って本当に勇気が必要。

         

        お疲れさま自分よ。

        マジでがんばった。よし

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        category:日々の出来事 | by:まっきーcomments(4) | -

        清い魂

        2017.12.22 Friday 00:17
        0

          おばば様が亡くなりました。

          老衰でした。

          亡くなる数日前から訪看さんと二人で

          「いつもと違うね…もしかしたら…」と

          そういう予感はありました。

          ショートにもそういうことは伝えて情報を

          共有しました。

           

           

          ショートステイの方から連絡があって

          着いた時には、まだ手も掌もぽかぽかと

          あたたかく、口や顔を動かしそうで

          私にはこの柔らかさと、あたたかい掌…

          というのが衝撃的で、打ちのめされて

          とても泣いてしまいました。

           

           

          往診の先生も「よくやったと思います。讃えることです。」

          「胸を張って前を向いてください」と言ってました。

          先生たちも往診で対応できるか不安があった、と

          正直に話していました。

           

           

           

          葬儀も全て終了し

          参列者も親族も「大往生だ」と

          思い出話に花が咲いて

          今まで葬式と言ったら保険や財産でモメて罵り合う

          葬式しか経験したことがない私に

          こんなに和やかな雰囲気のお葬式があるのね…と

          教えてくれました。

           

           

          おばば様もスッキリした顔で

          とてもきれいでした。

          私も自分で「よくやりきったなぁ…」と思います。

           

           

           

          最期の会話は

          「おばばさん、おじさんが来たよ」

          「うん」

           

          「おばばさん、明日ショートだよ」

          「うん」

           

          「うん」という簡単な会話でした。

           

           

           

           

          この亡くなる2日前に来た

          おじさんのことを待っていたんだと思うんですよね。

          たぶんきっとそう。

           

           

           

           

          いまは清らかな魂

          清い存在になって

          私たちを見守ってくれていそうな感じがします。

           

           

          本当に4年間

          私に貴重な介護体験を与えてくれて

          生き様を全身で表現してくれてありがとう。

          どうぞ安らかにおやすみください。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          category:在宅介護 | by:まっきーcomments(4) | -

          最近のできごと

          2017.12.13 Wednesday 15:08
          0

            12月になりました。

            あっという間に13日になりました。

            まだ何もしていないのにまた一年が終わってしまう…

            という焦りを抱えながら、毎年同じことを繰り返して

            いるような気がしてならない…(T_T)

             

             

            それにしても雪がすごくて大変。

            あと風がひどいです。

            いきなりこのレベルは反則でしょー!と

            思うくらい強風。

            うちが壊れてしまいそうです。

             

             

            そんな中コンビニに寄って買い物中に傘を

            盗まれるという事態も発生して目が点になりました。

            あんな古い傘を……(12本骨傘なので古いけど使える状態)

            信じられませんでした。

            ふだん傘立てに傘は置かないのですが

            あの時だけ、魔がさしたかのように置いてしまったのです。

            なんか傘がなくなるということが最初から決まって

            いたかのように、綺麗に運命の輪みたいなものに

            ハマってしまったような感じ。

             

            コンビニで傘を盗まれた〜という話はよく聞くけど

            まさか自分の傘がなくなるとは思わなかったです。

            今度からは絶対に傘立てに置かないぞ。

             

             

             

            あとはうちの状況。

            新しいストーブは前のFFストーブよりも

            石油を食う、大食い君のようで…予想外でした。

            けどお湯が沸く、ものが煮られるのでよしとしてます。

            温かさはどうなんでしょう……よくわからない。

            他、瞬間湯沸かし器が壊れた。

            冬の寒い日にしかも木、金、土、日…とお湯が出ない

            状態で、新しいストーブ君が大活躍しました。

             

             

             

             

            学校関係はごちゃごちゃしていて…

            けっこう学校側とうまくいってないというか

            担任も主任も対応が塩で、子供は怒り・困惑

            私は泣きたい…という迷宮に入った感じ。

             

             

             

             

            介護は…

            これが人の体なのかしら?というくらいカチカチ。

            冬になったら拘縮がひどくて木の根みたいな

            手、腕、足になっています。

            無理に動かすと骨折するので慎重に。慎重に。

            人の体と心、命って尊い…と思いながら介護しています。

             

             

             

             

            あと本。

            今年はこれだわ!という本に会わなかった。

            あえていうなら…上田早由里さんか乾石智子さん。

            あとは一穂ミチさんかな。

            アニメは「宝石の国」アンタークが。。。(涙)

             

             

             

             

             

            病気の方は今年も入院がなく過ごせたので合格。

            これからもこの調子でいきたいと思っています。

            がんばろ。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category:日々の出来事 | by:まっきーcomments(0) | -

            今月のcheri+(2018.1月号)

            2017.12.09 Saturday 13:11
            1

            今月はあみだくじで、スカを引いたので

            回ってくる順番がいちばん最後になってしまい

            キリンのように首を長〜くして、待ってました。

            そして、やっと手にしました。cheri+を。

             

            (あ、BL本の話です)

             

             

            隔月で発売されるたびに、まずいちばん最初に

            読むのが、キヅナツキさんの『ギヴン』。

             

             

            大人組の3人の関係があまりにも、しんどいので

            私は「季節をただ擬人化しただけ〜」と割り切って読んでいます。

            (なんのこっちゃ…)

             

            ツイッタ―で見かけたのは、やはりタケちゃんでした。

            タケちゃん。救世主か…と思いましたよ。ほんと。

            今後、どう絡んでくるのか不明ですが

            春樹を一番近くで見守ってくれている人だなぁ…と。

            登場人物の(心情の)独白のシーンがとても好きです。

             

             

            真冬と立夏は清々しく青春しているので見守りつつ

            横に置いといて。

            私はどうしても柊とシズちゃんの方が気になるっ!のです。

             

             

            ベランダで花火を見る二人のあの何とも言えない

            距離感が、今後の展開を含めて切なそう。

            何とも言えない…。(わびさび的です)

            そろそろ雨月がゴゴゴゴゴ…っと登場しそう…とか

            色々考えてしまいます。

             

             

            本ではよく描かれていない文、行間を読むとか

            ありますが、キヅナツキさんの場合

            コマとコマの合間の空間(空気とか雰囲気とか)を

            描くのがうまいと思います。

            ついそこに魅かれてしまう自分。

            そしてアレコレと勝手に想像してしまうという。。。

             

             

            もう最近は、秋彦の相手が

            雨月でも春樹でもどっちでもよくなってきて

            いま見たいと思うのは

            雨月と春樹の二人が、直接顔を合わせてしまうところ。

            (つまりは修羅場?希望ってこと???)

             

             

             

            他「僕の美しいひと」が、タイトル通りの

            美しい展開で終わって、本当に美しかった。

            好きです。

            (最近AIとかアンドロイドとか流行ってますね…)

             

            「酔いどれ恋をせず」も、よかった。

            誓さん、絶対嫉妬してるでしょ。

            すれ違いが何とも言えず切ないですが…。

             

            「リミットハニー2」も気になる展開です。

             

             

             

            今月号は読むのが多かったのでうれしいです。

            いつも同じマンガ家さんが掲載されるわけではないので

            前のストーリーを忘れていたりすると

            面白さが半減する…デメリットがあるような気がする。

            難しいと思うけどマンガ家さんなるべく固定で

            毎月発売になるとうれしいです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category:本・読書 | by:まっきーcomments(0) | -

            上毛新聞

            2017.12.07 Thursday 09:48
            1

            上毛新聞のBUCK−TICK記事を読んで感動してしまいました。

             

            みんな素敵。

             

            私ごときに言われたくないだろうけど

            大昔ただ跳びはねて叫んでいた頃に比べると

            本当に大きく大きく成長したなぁ…と

            感慨深く思いました。

             

             

            そして

            ヒデヒコさんの名言

            「その時を楽しむこと。その延長に今がある。」

            すごい。

             

             

            あっちゃんの「好きな曲は父と母が出てくる「無題」。」

            という言葉に涙が出そうになりました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category:BUCK-TICK・音楽 | by:まっきーcomments(4) | -

            『meet,again.』一穂ミチ

            2017.12.02 Saturday 18:02
            0

              テンプレート変更しました。

              ギター白のデザインが好きなのですが

              フォントが好きになれなくてギター黒に変更してみました。

               

               

               

              投稿のついでに…

              と言っても、全然脈絡がないことですが…

              一穂ミチさんの『meet again』読みました。

               

              ずっとずーーっっと気になっていたけど

              友人から

              「あれは内容が気持ち悪いからやめた方がいいよ」と

              聞いていたので、やめていたのです。

               

              が、ブクオフ108円で見つけたので買って読みました。

               

              感想…

              「面白いじゃん」

              面白いというか、細部まで凝っていて一穂さん…

              すごいや!って思いました。

              BLに限らず、ミステリーとかも、ばんばん書ける

              タイプの人なんだなぁ…とあらためて感じました。

               

              『イエスノー』とか『雪よ林檎〜』とか、絶大な

              人気と支持を集めていますが、私はそれよりも

              こういう暗い話が好きだわ……と思いました。

               

              『イエスノー』や『雪林檎』が表や陽だとすると

              『meet』や『ナイトガーデン』『藍より甘く』あたりは

              裏や陰って感じで、私はどうしても日陰の話たちの方に

              強く魅かれてしまう性質を持っているみたい。

               

               

               歪や欠損、大きな喪失があって、そこから目に見えないくらい緩やかに回復してような話が好き。

               

               

              と言ったら、友人に「暗っ」と、言われました(笑)

              BLに限らず、暗い話を読んでいる方が

              すぅ…っと落ち着くんだよね。

               

              ブクログとかで評価が低くて人気のないようなのが

              自分の中では評価が高かったり…。

              明るいエンタメとかは、確かに楽しいんだけど

              読んでいると疲れてしまうんだよね。

              中村文則さんみたいに暗すぎるのも

              しんどく感じる。

              あーいうのは本当にずん底寸前…みたいな時に

              読むんだけど、最近人生のどん底さえも感じなくなってきた。

               

              最近は『ビニール傘』みたいな作品が

              読んでいて、しみこむ〜って思う。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              category:本・読書 | by:まっきーcomments(0) | -

              PR
              Calender
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << January 2018 >>
              ブクログ
              blogram♪
              うたらば(短歌サイト)
              読書メーター♪
              まきまきさんの読書メーター
              Selected entry
              Category
              Archives
              Recent comment
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Link
              Profile
              Search
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM