2018年・初ブックオフ

正月期間中は本の価格が20%オフになると聞いたので

ブクオフに行って来ました。

 

読んだ本をザザッと売ってVitaの危険なゲームも

売り飛ばしました。

「蝶の毒 華の鎖」………強い。

2,000円以上のお値段が付いてました。

あとBL本も売りました。

中には100円の値が付いているのもあって

びっくり。。。

文豪さんものや、『砂の女』なんかも強くて

30円とか付いていましたね。

 

それに比べて普通の小説の寂しいこと

悲しいこと…。

5円とか、よくて10円。

あんなに好きで思い入れがあっても5円。

ならば売らない方がいいのかもしれない…

とさえ思いました。

(まぁ売りましたが…)

 

 

 

で、購入したもの。

全部80円でした。

 

本本

 

もうタレント本は買わないと決めたのに…

星野源ちゃんのエッセイを買ってしまいました(汗)

あと直感で『納棺夫日記』も。

 

それと、かわいさんの猫セット

一穂ミチさんのこの2冊は、見つけた時は

本当に発狂しそうになりましたね。

 

100円コーナーで一穂さんを見つけたら

即買いです。

(イエスノーは甘々すぎてあまり好みじゃないのですが…)

(それでもやっぱり……以下略……)

 

 

 

 

 

さて話は変わりますが

この直感で買った『納棺夫日記』

今まで読んだお看取り本の集大成的な内容で

自分のカンを信じて買ってよかった…と思いました。

 

おばば様を納棺してくれた方も

きめ細やかで心がこもった人でした。

その「納棺」つながりで買った本だったのです。

 

第3章の「ひかりといのち」という章が秀悦です。

読んでいると、私がおばば様を看取るために

介護していましたが、間違ってはいなかったのだなぁ…

と、少し誇りを持てたような気がしました。

 

 

亡くなるまでの数日間に、もっともっとおばば様の

身体に触ってあげればよかった…と後悔して

いるのですが、その気持ちがほんの少しだけ

和らぐような、そんな心境になれました。

 

興味深いとすぐにガツガツ読んでしまいますが

この本はうちの本棚の秘蔵っ子になりそうなので

鉛筆で線をビービ―引いて読んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.10.08 Monday
  • -
  • 17:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブクログ本棚

うたらば(短歌サイト)

読書メーター♪

まきまきさんの読書メーター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode