高橋とマリとコオロギ

村上春樹の『アフターダーク』を読んだ。

 

私にとって村上春樹は好きとか嫌いとかじゃなくて

アウトかセーフな春樹に分類されて

これは比較的セーフな方の春樹でした。

 

アウトな場合は

底なし沼にずりずりと引きずり込まれて

現実(この世界)から引き離されてしまい

自分の居場所がわからなくなってしまう。

 

塞がった傷をえぐられる感じがして

何とも言えなくなる。

 

『アフターダーク』内で

気になった人物は三人。

 

 

「ソフトウェアはいったん汚染されると交換がきかなくなるんだ」

(227ページ)

「ゆっくり歩いて、たくさん水を飲む」(213ページ)と言った

トロンボーン奏者の高橋。

 

 

 

努力を時間をかけて、ちょっとずつ嫌な記憶を克服してきた

浅井マリ。

努力できる子。

 

 

あと

無について語るコオロギ。

 

「万が一やで、それが理解やら想像やらをしっかり要求する

種類の無やったらどうするの?」(237ページ)

 

 

このコオロギが言う〈しっかり要求してくる種類の無〉って

この世界のことなんじゃ……とか

ふと考えてしまった。

 

 

物語は漠然として

ピンとこない部分も多かった。

 

フランス映画『アルファヴィル』の観念的な世界観とか

「ファイブスポット・アフターダーク」(曲)とか

見たこともないし聴いたこともないので

全部が全部この世界観に馴染めないんだよね。

 

 

村上春樹が描く作品は

立体で小説に奥行きがあって

読んでいるとクラクラしてくる。

そこが本当に不思議で惹きつけられる。

 

 

家に『多崎つくる』と『海辺のカフカ』があるので

来年あたりに読んでみようと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 


『嫉妬と自己愛』佐藤優

ブクログにダラダラ書くのもどうかな…と思うので

こちらへ書くことにしました。

 

 

いつか読んでみたいなー…と思っていた佐藤優氏の本。

「自己愛」について知りたくって、借りて読んでいるんだけど

現代小説をテキストに使っているので、すごくわかりやすい。

 

以下、

取り上げられている作品群。

 

自己愛について

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』本谷有希子

 

ストーカーについて

『いなかの、すとーかー』綿矢りさ

 

男の嫉妬について

『それから』夏目漱石

 

友情について

『ナイルパーチの女子会』柚木麻子

 

ダメ男について

『伊藤くんAtoE』柚木麻子

 

自己愛ゼロ人間について

『コンビニ人間』村田沙耶香

 

 

どれもこれも解説が面白い。

『それから』だけは、馴染みが薄いので

ピンとこなかったけど、全体的に切り込み方が

巧みで、ほえぇー…と仰天しました。

 

 

今まで氏の著書を読まなかったのは

政治のことがわからない。

あと、やっぱり元政治家の秘書で、胡散臭さが漂っていて

というのもあったし、宗教観が好感が持てなかったし

まぁ、他にもいろいろで、

だけど百聞は一見にしかず、というやつでした。

 

 

私のイメージでは、「嫉妬」と「羨望」を逆だと思っていた。

あと現代社会の樹の根っこには「承認要求」が渦巻いていて

さらに掘り下げていくと、やっぱり「愛着」の問題が

あるのかな…と。

ここの愛着については私の思いつきなんだけど…。

 

 

昔は

「ナイルパーチ型」で、クラスや社会の中で食い争って

ボロボロになって、負の感情に飲み込まれて

自己愛が肥大化して、どんどんダメになっていったけど

これじゃダメだと、気づかせてくれたのが本(以下)で、

(みんなこじれている子が出てくる)

 

『いつか大人になる日まで』柴門ふみ

『生きてるだけで、愛』本谷有希子

『ほかに誰がいる』朝倉かすみ

『ノルウェイの森』村上春樹

島本理生さんの作品、絲山秋子さん、綿矢りささんとか、

他もろもろ。

 

 

正直書いてしまうと

現代小説を読んで、

物語の中に、「自分と似ているみっともない女がいる!」

または「自分の化身がいる!」と釘付けになって

(要は自分よりすごいぶっ飛んだ人物を見てハッとする…ということ)

それをきっかけに、自分を客観的に見られるようになって

気持ちを更生させて……

という自分が「変」だと思っていたところがあって

(まぁ確かに変だし変なんだけど)

それでも生き方としてはOKなんだな…と、

この『嫉妬と自己愛』が教えてくれた。

副題が=「負の感情」を制した者だけが生き残れる=

 

 

今は「ナイルパーチ型」から変化して

「コンビニ人間化」しているんだけど

それはそれとしてまた問題かもしれない。

 

『コンビニ人間』の読み解き方が

とても深かったので、『嫉妬と自己愛』を読みながら

『コンビニ人間』を再読してみようと思っている。

 

 

ちなみに…

マイベスト2トップは

2位『生きてるだけで、愛』の寧子さん

1位『いつか大人になる日まで』の湯木朝子です。

特に「センダックの森」の朝子さんが好きです。

 

今は心の中のチャイルドという存在。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

評価:
---
---
---
()
コメント:深い…。


本を12冊

本の交換会に参加しました。

 

『岸辺の旅』 湯本香樹実

『はじめからその話をすればよかった』宮下奈都

『もうひとつの季節』 保坂和志

『思考の整理学』 外山滋比古

『博士の愛した数式』 小川洋子

『偶然の祝福』 小川洋子

『47都道府県格差』 木原誠太郎

『燃えよ剣』 司馬遼太郎 (上下巻ではない1998年の本)

『夢の事典』 鞭羊子

『怪談奇談 BL古典セレクション3』 王谷晶

『不時着する流星たち』小川洋子

『すべて真夜中の恋人たち』川上未映子

 

この12冊の本を交換会でいただいてきました。

私もちょうど12冊を寄付したので

ちょうどよかった。

 

『すべて真夜中の恋人たち』川上未映子さんの

本を手にしたら、よそのおばあちゃんが

「この作家さん、常に人気ある人だよね」と

話しかけてきてくれまして、

「そっすねぇ」なんて言いながら和んできました。

 

他にも本がたくさんあって、ゆっくりしたかったけど

時間がなかったし、疲れていたので

1時間くらいで切り上げてきました。

 

バスとか電車の時間を考えると

そんなに長居もしていられないという…。

 

 

 

仕事の日数も時間も増やしたら

 

家の中に大きな蟹がたくさんいて

そいつらと格闘して夢のなかで暴れて叫んで

蟹を捕まえて紐で縛って箱の中に入れると

蟹が猫になるという…、蟹と箱に入った猫がいっぱい…

という変な夢を見ました。

明日は少し休もう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


『気づけない毒親』 高橋リエ

ブクログにはどうも書きにくい内容なので

こちらのブログに。。。

本は興味ないよー、という方は、スルーして下さいね。

 

 

 

いま『気づけない毒親』という本を読んでいますが

私自身まぎれもない毒親で、私のタイプは

かわいそうな母タイプ+至れり尽くせりタイプ+自己愛タイプ。

毒父の、ことなかれタイプも入っていると思う。

けっこうごちゃごちゃと混ざっているタイプだと思う。

 

実母は

典型的なジャイアン・タイプ+逃避タイプ。

 

実父は

逃避タイプ。

 

オットは

逃避タイプ。

 

おばば様は

ジャイアン・タイプ+逃避タイプ。

 

 

前々から思っていたけど

母には強迫観念的な、妙な、強いこだわりがあって

きっと戦後に生まれた子なので

祖父母のしつけが厳しすぎて

あーなってしまった部分も大きいんだろうなぁ…と

考えていたことが

『気づけない毒親』に、ばっちりとそのことが書かれていて

目からうろこが落ちる状態になっています。

 

 

母の前に生まれた伯母は

祖父が戦争に召集される前の子なので

一人だけ性格がのんびりしていて、

きょうだいとは思えないくらいおおらか。

 

 

祖父は海軍で乗っていた軍艦が沈没して

鮫が泳いでいる海の中で浮遊物につかまって

味方の救出を待っていたけど

敵艦の砲撃があって、救出されるのも困難な状況で

そうこうしているうちに浮遊物につかまっている

仲間たちが、どんどん海に沈んでいって……

 

 

というのを経験して

生き抜いてきた人なので

戦争に行く前と、

戦争から帰って来てからは

まるで別人で(祖母談)

左利きだった母は、叩かれて左手が腫れあがって

使えなくなるくらい利き手を強制的に直されたそう。

私のきょうだいも左利きだったので

池のそばの大きな一本松の木に

逆さにつるされて怒られていたけど

ついに利き手は左のままでした。

 

そのしつけのせいか

母は右も左も使える両利き。

で、焦ったりピンチになると

とてもどもる。

今でも吃音があって

大変そうだな…と思う。

 

 

本の内容で驚いたのは…

 

激しい喧嘩も彼ら流の「親密なコミュニケーション」(49ページ)

 

 

あれが、、、

こ、コミュニケーションなのかい!!

(でも妙に納得する自分がいたりもする事実…)

 

うちの両親もそうで、おもに母からつっかかっていって

物心ついた時から、毎晩、夕食時には喧嘩。

で食台がひっくり返されて、ご飯が全部飛んでいって

皿が割れて醬油が飛び散って…。

さらにエキサイトして父が包丁を振り回して

裸足で外に逃げるとか

日常茶飯事だったなぁ…と。

(おかげで食べるのが恐怖で過食&拒食症になりましたとさ…)

 

あれが、コミュニケーションの一環だったなんて…

……なんか凄すぎ。

 

 

だけど

私にも(今はなくなったけど)荒ぶる魂みたいなものがあって

(きっと母譲り)熱いソウルが滾って

友人やオットや親類に、つっかかっていっていた時期が

あって、血は争えないものなのね………と

ただただ目からうろこ。

 

 

 

毒親って

わからない人はわからないと思う。

そういう人たちは幸運で

知らない方がずっといいに決まっている事柄で

悩まされている人は

とことん悩まされると思う。

離れることが出来ればいいけど

親(まぁ…うちの場合、きょうだいも…)なので

そうそう離れることができない。

離れるとなったら、大騒ぎで

それこそ【絶縁】しかないと思う。

 

 

私はあんなことされたけど

離れることが出来なくって

今はつかず離れずの距離を保ってつきあっているから

楽になったけど、それでも苦しくなる時がある。

 

むかしはむかしで

いまはいま…という風に考えることが

出来るようになってから、楽になったと思う。

 

あとは祖母と母に聞いた話を

総合的にまとめて全体が見えてきたというのも

大きかったと思う。

 

要は

子育てがうまくできないのが

積もり積もって濃くなったのが

そういうお母さん達なのかな…と思っている。

 

 

毒母のタイプを抜粋すると…

・ジャイアン・タイプ

・かわいそうな母タイプ

・パーフォーマンス・タイプ

・至れり尽くせりタイプ

・逃避タイプ

・自己愛タイプ

 

 

毒父のタイプは…

・ことなかれタイプ

・同調タイプ

・減圧タイプ

・逃避タイプ

・モラハラ・タイプ

 

 

田房さんの本(エッセイ)で、お父さんのことが

描かれていて、

「お母さんも怖いけど田房さんのお父さんの方が問題ありかも…」と

感じたことがあったのを思い出した。

毒父のタイプをこの本で知ることが出来て

この本でのいちばんの収穫だな…と思いました。

 

父があって母があって

私が生まれたわけだけど、

自分の背景を考えると、父も母も

祖父も祖母もみな好きでそうなったわけじゃないのだ

ということが、ぼんやりと見えてきて

戦争というものが残した大きな影を考えながら

この本を読んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

評価:
高橋 リエ
毎日新聞出版
¥ 1,200
(2019-06-22)
コメント:愛とはなんでしょう…と今でもわからない私。(たぶん永遠にわからないと思う)そんな私に響く目からうろこ…な内容でした。


見せつけるように登場しないで…

久しぶりにブクオフに行った。

 

悔しいなぁ…と思ったのは、

最近注文して買った本が

普通に100円コーナーにあったことと

村上春樹の本の単行本、複数(もう文庫で買った作品)が

普通に300〜400円くらいで売っていたこと。

しかも美品!

探せばないのに、買ってから

こうやって見せつけるように

登場するのやめてほしい…。

歯噛みして帰ってきました。

 

 

今回は

5冊だけ購入。

 

20190903_2316549.jpg

 

小川洋子さん

『薬指の標本』

『寡黙な死骸、みだらな弔い』

 

俵万智さん

『旬のスケッチブック』

『よつ葉のエッセイ』

 

森博嗣さん

『君の夢 僕の思考』

 

です。

どれも読むのが楽しみですな。

 

 

百分で名著のせいで

大江健三郎が気になって

探してみたけど、一冊もなかった…。

考えていることはみな同じ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


10000冊の中から…

まだまだ緊張し、テンパりながらも

職場に通っていますが、本と関われるので

作業自体は楽しくって、少しずつ通う日を

時間を増やしていきたいと思っている。

 

先日のこと。

 

(職員さん)まっきーさん、9月に誕生日ですよね…

(わたし)はいそうですよ。

 

誕生日の人は

ここにある本の中から数冊(1〜3冊)プレゼント

することになっているので、好きなのを選んでくださいね。

 

 

と。

 

 

ゴルフの危険なところに球が飛んで行った時に

叫ぶ「ファーーーーーーー」っと

叫びだしてしまいそうなくらい

うれしくって、

ちょっと待って、と保留してきました。

 

 

9000〜10000冊の在庫の中から

そんな、

すぐにコレとコレにしますなんて

選べませんぜ。

 

 

9月になったら在庫を検索して

選ぼうと思っていますが

数冊、目星をつけてきました。

新書にしようかな…短歌ものもあったな…。

うふふ。

 

 

ここの場所から選んでね。と書庫に入った時に

おもわず「天国ですね、ここは」と言ってしまった。

休み時間中、書庫で上から下まで隅から隅まで

見ていた人。

完全に浮いてしまった人。

 

 

いやぁ。。。

ほんと。来年までがんばって

また誕生日に本をもらいたい。

 

 

ちなみに

個人で読み終えた本も回収しているので

私が読んだ本も持ち込もうと思ってます。

ブックオフで5円になるくらいなら、職場に貢献したいから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


『夕霧峠』尾崎左永子

ブクログに登録できない本なので

忘れないようにブログに書いておくことにしました。

 

20190804_2306029.jpg

 

尾崎左永子さんの『夕霧峠』

『夕霧峠』(歌集 砂子屋書房 1998年)

 

たぶん…自費出版なのかな…。

バーコードもISBNコードもないという…(汗)

 

尾崎さんの短歌は言葉の選び方が素晴らしくて

尾崎さんの短歌レッスン本と句集を読んでから

私の短歌は少しいい方に変わったように思う。

使う言葉の範囲が広がった。

言い換えをよく考えるようになった。

 

 

 

応募締切日が近いのに

今頃になってあれやこれや手直しをして

がらっと変わった歌もある。

 

 

 

去年やおととしの短歌をいま見ると

とても恥ずかしくって…

よくこんなのを応募したな…

穴があったら入りたい気持ち125%で

満たされています。

 

 

たまたま手にした

『短歌カンタービレ はじめての短歌レッスン』が

尾崎さんとの出合い。

そこから見つけるたびに本を読んでいますが

読むとインスピレーションがビビビビー☆と来る。

尊敬しているし

神だな…と思う。

(文語体は無理だけど…。)

 

 

 

 

現代短歌のセンスは皆無なのがよくわかったので

感情とかあまり派手派手しくないのを詠むのが

好きみたい。

 

 

 

お盆頃には完全清書して応募しようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


夏の文庫フェア2019

本屋に行って来た。

最近の本屋は眼鏡やカバンや文房具があって

見ているだけで楽しい。

 

毎年夏の文庫フェアになると

うきうきしてしまう。

 

行く前に買う本を決めて行くんだけど

その予定の通りに決めた本を買うというのは

ほぼほぼない。

 

いくら決めて行っても

手にして触って少し読むと

気が変わってしまったりする。

 

20190708_2295357.jpg

 

だけど

今回は浮気をせずに

マイブームの谷川本にまっしぐら。

罪と罰のファイルはサイズが小さくて

びっくりしたけど

痺れるくらいカッコいい。

 

 

あとはもうブラブラ。

『人間失格』の黒と

『こころ』の白と

『月と六ペンス』の黄色に

七色に変化するゴージャスな箔押しが素適。

 

 

『燃えよ剣』の上下巻の

新カバーがカッコイイとか…

ナツイチの猫ちゃんしおりがめんこいとか…。

 

 

新潮のプレミアムカバーは

毎年いいな…と思うけど

今年のカバーは何か素敵すぎて困ってしまう。

 

 

もうね…

老眼鏡かけたので

細かい字もOKなのさ。

 

 

1.0から1.5になって2.0と

度数が上がっていくのも時間の問題かな…と

思ったりもする。

 

 

なんか

老眼鏡をかけないと

自分の書いている字さえも見えない…(-言-)

というのは、絶望しかないと思った。

一体どーなってんだ…。

ショックでしたよ、ホント。

遠くの字はよく見えるのにな

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ブックオフへ

令和になって初の投稿です。

 

お腹の調子が優れず…連休はどこにも行けてないです。

冷蔵庫も壊れ気味なので、その出費も考えると

どこにも行けない10連休です。

悲しい…。

 

 

先日読んだ『雪の階』は色々な意味でアブナイ本でした。

テーマがこれで大丈夫なんだろうか…と。

高評価だったけど、私にはちょっと合わないような気がしました。

必ず男同士の恋みたいなのがチラッと入るんだよね。

(別に嫌いじゃないからいいんだけど…)

 

本を厳選して読んでいるわけじゃないけど

時々おかしなことが起こることがあって

小川洋子さんの『物語の役割』ではアンネの日記のことが

書かれていて、次に読んだ

『雪の階』では、真逆のヒトラーの思想が述べられていて

両極端すぎて、立て続けに読んでくらくらしてしまいました。

 

 

 

暇なので

本棚を整理して必要なくなった本&コミックを

ブックオフに持って行きました。

そしたらすごい量の査定待ちの本がありました(+o+)

あまりすごいので、本を持って帰ってきて

いつかまた買い取ってもらうことにしました。

 

ウルトラセールで20%引きだったので

店内を物色してこの3冊を購入。

 

20190504_2268010.jpg

 

伊藤比呂美さんは私の人生の師匠なので買い。

『夜の写本師』は、世界観がいいので買い。

(シリーズは長すぎるのでこの一冊のみ購入。

 この話がいちばん好き)

『チェルノブイリの祈り』は、これ80円で

売ってるなんて神だな…と思いつつカゴにIN。

 

 

他BLコーナーも物色♪

と思ったら、60歳くらいのオバはんが

ずーっと、ずーっと居座っていて、しかもよけない!

体が大きいので全然見えない。

全然よけない!

 

あーいうとこで100円のBL本を丸ごと一冊

立ち読みしないで、80円出して買えばいいのに……。

 

ぜんぜん探せなかった(怒)

 

セール中だったのでブクオフの中も

人だらけで、この世に本好きが

まだまだ存在しているんだな…と思いつつ帰宅しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


『雪の階』奥泉光

久しぶりに本のことを。

 

『シューマンの指』というピアノ&ミステリを読んで

あ、私は音楽絡みの作品が好きなんだ!と初めて気がついた。

 

自分は音符も読めないしピアノだって弾けない。

だけど読むのはすごく好き。

テンションがぐぐーっと上がるのだ。

 

奥泉光作品。

 

山形県出身。

美文。

巧み。

薀蓄が小難しいけど面白い。

音楽絡み。

 

ということで、すごく分厚いけど

『雪の階』を予約して今読んでいます。

 

全然知らなかったけど〈華族もの〉

「お姫さん(おひぃさん)」の世界で萌え…。

そういえば…『シューマンの指』は少しBLくさかったんだよね。

 

 

 

舞台は昭和10年初め。

主人公の惟佐子(いさこ)は笹宮家の令嬢なんだけど

リケジョで囲碁も強い。

あまり自己主張しない主人公。

 

面白いので一日100ページの勢いで読んでいるけど

読んでいてキャラが何かに似ている…って思ったのね、

何だっけ…って考えてみたら

『ねじまき鳥クロニクル』に登場する主人公と「ワタヤノボル」が

『雪の階』では、笹宮惟重と白雉博允の関係に近いように思えて、

ひとりでテンションが上がっていたりします。

 

 

「きざはし」ってなんの階なんだろうなぁ…と思う。

あとは謎と殺人事件と歴史的事件と、どう絡んでいくのか

気になって、ついつい夜更かししがちに…。

 

あまりくわしくないけど

『ねじまき鳥〜』も、奥泉光も共通しているのが

夏目漱石なんだよね…。

 

私は『ねじまき鳥〜』を読んでいて

具合が悪くなってしまったので

そろそろ続きを読んでみようかな…と思い始めている。

 

残虐なシーンは平気だったけど

井戸の中に閉じ込められるとか

井戸の中で過去に向かっていくシーンの

閉塞感で気持ち悪くなってしまって…

(閉所パニック…)

こんなん読んでられっかー!!と思ってしまった(汗)

 

落ち着いてきているので

そのうち続きを読んでみたいと思っている。

 

今年は尻込みせずに

長編をごんごん読んでいきたいと思っています。

いま読書の壁になっているのは「字の大きさ」

どんなに面白いよ!と薦められても

字が細かいと

「……………」となって本を閉じて本棚に無言で戻す

ということになってしまいます。

 

読書したいという気持ちと体の機能とが

うまく釣り合いがとれないというのは

悲しいことだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

評価:
奥泉 光
中央公論新社
¥ 2,592
(2018-02-07)
コメント:いま読んでいるけど面白い。


| 1/21PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ブクログ本棚

読書メーター♪

まきまきさんの読書メーター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode